環境インフラ海外展開プラットフォーム(JPRSI)

技術リスト(JPRSI)

温暖化対策 バイオマス利用技術 その他バイオマス利用技術

技術概要

メタンを餌として好気性発酵により増殖するメタン資化菌(メチロコッカス)を用いて、魚粉代替のタンパク質を得る。

目的

メタンを餌とするバクテリアを培養して増殖させ、養殖用の魚粉代替タンパク質を得る。人口爆発による食糧問題、海洋水産資源の保護に貢献可能。

特徴

メタンを餌として好気性発酵により増殖するメタン資化菌(メチロコッカス)を用いて、魚粉代替のタンパク質を得る。

効果

魚の成長に必要な必須アミノ酸を多く含む大量に賦存するメタンガスを利用し、工業的に、安全かつ大量に魚粉代替飼料を生産可能である。

参考資料

展開可能国

  • 日本
  • 東南アジア
  • 中央、南アジア
  • 中国、東アジア
  • 中東
  • アフリカ
  • オセアニア
  • 欧米
  • 中南米
  • 制限なし

この技術が貢献するSDGs

  • 2. 飢餓をゼロ
  • 14. 海の豊かさを守ろう

メタンガス利用によるバイオプロテイン製造技術