環境インフラ海外展開プラットフォーム(JPRSI)

技術リスト(JPRSI)

技術・サービス概要

弊社の自動植物栽培装置「SoBiC(ソビック)」は自然と協調して資源を節約しながら、人間社会に新たな「豊かさ」を生み出す新しい栽培プラットフォーム技術です。国内向けには製品を販売をしていますが、国内外問わず特許ライセンス付与および製造技術・ノウハウの提供を行なっています。

目的

日の当たる場所さえあれば、都市緑化や水・肥料を節約した農業(野菜、果樹の栽培)などのビジネス用途はもちろん、家庭向け製品にも幅広く活用できる技術です。
グリーンインフラとしても活用できます。
環境や栽培植物に合わせて、特許ライセンスの付与と製造技術・ノウハウを提供します。
※本技術は特許取得済み(特許番号:5942073号)です。また20カ国以上でも出願・成立しています。

特徴

・誰でもどこでも簡単に置くだけで緑化、農業が実現できる
・水と肥料が循環するので、資源を無駄なく有効にできる
・装置利用にあたっては電力消費および、CO2の排出は一切なし
・構造は至ってシンプルなので理解、製造、設置、応用も非常にしやすい
・野菜や果樹であれば、オーガニックが実現できる
・設置場所の土壌改良をしないで、植物に最適な土壌環境を用意できる

効果

どこでも簡単に手間なしで緑化や食料生産が可能になります。
電気式の潅水装置に比べてもCO2排出はなく、水資源も必要最小限です。
しくみはシンプルなので、製造コストも抑えられます。

規制対象物質

参考資料

展開可能国

  • 日本
  • 東南アジア
  • 中央、南アジア
  • 中国、東アジア
  • 中東
  • アフリカ
  • オセアニア
  • 欧米
  • 中南米
  • アセアン諸国

    インドネシア,カンボジア,シンガポール,タイ,フィリピン,ブルネイ,ベトナム,マレーシア,ミャンマー,ラオス

この技術が貢献するSDGs

  • 1. 貧困をなくそう
  • 2. 飢餓をゼロ
  • 3. すべての人に健康と福祉を
  • 6. 安全な水とトイレを世界中に
  • 8. 働きがいも経済成長も
  • 11. 住み続けられるまちづくりを
  • 12. つくる責任 つかう責任
  • 13. 気候変動に具体的な対策を
  • 15. 陸の豊かさも守ろう
  • 17. パートナーシップで目標を達成しよう

電気も機械も使わない 植物栽培技術「SoBiC(ソビック)」

YouTube 動画

SoBiC(Solar Pneumatic Bio Cycle)システム 自動水循環システムの動作検証