環境インフラ海外展開プラットフォーム(JPRSI)

技術リスト(JPRSI)

ごみリサイクル 廃棄物処理・管理 焼却処理

技術概要

流動する砂を用いて、ごみをガス化し、少ない空気で効率的にごみを燃焼する縦型のコンパクトな炉です。

目的

自治体の廃棄物処理に用いられます。

特徴

排ガス中の腐食性ガスが少なく、高温高圧ボイラによる高効率発電が可能。
流動床炉から高品質の鉄、アルミ等の資源価値の高い金属の回収が可能。
汚泥等の低カロリーごみからプラスチック等の高カロリーごみまで幅広いごみの安定的な処理が可能。

効果

-

展開可能国

  • 日本
  • 東南アジア
  • 欧米
  • アセアン諸国

    インドネシア,カンボジア,シンガポール,タイ,フィリピン,ブルネイ,ベトナム,マレーシア,ミャンマー,ラオス

導入事例

英国を中心とした欧州の他、ベトナム、カンボジア、ミャンマー等東南アジアでの納入を志向しております。

この技術が貢献するSDGs

  • 7. エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 11. 住み続けられるまちづくりを
  • 13. 気候変動に具体的な対策を

流動床式ガス化燃焼炉