環境インフラ海外展開プラットフォーム(JPRSI)

技術リスト(JPRSI)

ごみリサイクル 廃棄物処理・管理 焼却処理

技術概要

炉体の回転により、ごみを効率的に混合、攪拌しながら燃焼します。炉体が水管(水冷)構造であり、可動部が少ないため、堅牢な炉です。

目的

自治体の廃棄物処理に用いられます。

特徴

炉体の回転によりごみを効率的に混合、攪拌し、多種多様なごみの焼却が可能。
炉体のボイラ水管構造により、熱を効率よく回収し、高効率ごみ発電が可能。
炉体が水管構造であるため、炉の腐食を抑え、耐久性が極めて高い。

効果

-

展開可能国

  • 日本
  • 東南アジア
  • 欧米

導入事例

英国を中心とした欧州や、ベトナム、カンボジア、ミャンマー等東南アジアでの納入を志向しております。

この技術が貢献するSDGs

  • 7. エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 11. 住み続けられるまちづくりを
  • 13. 気候変動に具体的な対策を

ストーカ式焼却炉