環境インフラ海外展開プラットフォーム(JPRSI)

技術リスト(JPRSI)

温暖化対策 再生可能エネルギー 太陽光発電

温暖化対策 省エネ技術・エネルギー有効利用技術 その他省エネ技術

技術概要

JCMパートナー国において、再生可能エネルギーや省エネ機器の導入プロジェクトの代表事業者として現地共同事業者様と連携し、JCM設備補助事業の実施を協業します。

目的

日本政府が推進する「二国間クレジット制度(JCM=Joint Crediting Mechanism)」とは、パートナー国において、温室効果ガス排出量を削減・吸収する先進的な低炭素技術等の普及等へ貢献することを通じて、日本の排出削減量の達成に活用する制度です。

特徴

私どもが、国際コンソーシアム協定(International Consortium)の代表事業者を努めます。私どもが代表事業者として日本の環境省の外郭団体である地球環境センター(GEC)を通じて、JCM補助金制度の申請を行います。また、完工後もカーボンクレジットの発行が終了するまで長年に渡って責任を全うします。

効果

・最大でプロジェクトコストの50%にあたる補助金を受けることができます。
・プロジェクトリスクを明確にし、事業に対するリスクの軽減を図ることができます。
・JCMモデル事業として採択されると、銀行融資の与信を高められる可能性があります。
・一般的に高額な高性能設備を導入することができます。

参考資料

展開可能国

  • 東南アジア
  • 中央、南アジア
  • 中東
  • アフリカ
  • 中南米
  • アセアン諸国

    インドネシア,カンボジア,タイ,フィリピン,ベトナム,ミャンマー,ラオス

導入事例

カンボジア及びベトナムにおいて太陽光発電設備を、また、南米チリにおいては、バイオマス発電設備を、JCM設備補助事業を活用し導入しています。

視察可能な導入先

ご相談ください。

この技術が貢献するSDGs

  • 7. エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 11. 住み続けられるまちづくりを
  • 13. 気候変動に具体的な対策を
  • 17. パートナーシップで目標を達成しよう

JCMプロジェクト

インターナショナルスクールへの0.9MW太陽光発電システムの導入

JCM代表事業者

YouTube 動画

JCM参考事業