環境インフラ海外展開プラットフォーム(JPRSI)

技術リスト(JPRSI)

温暖化対策 炭素隔離・固定化 CO2分離・回収・貯留(CCS)

技術概要

工場や発電所などで発生する二酸化炭素(CO2)を大気放散前に回収して、枯渇した油ガス田や地中深くにある石炭層、帯水層など貯留に適した地層に直接圧入し、長期間かつ安定的に貯留する技術です。

目的

大気中に放散されているCO2の放出を防ぐことです。

特徴

地中貯留は、石油掘削技術や、天然ガスの地下貯蔵や石油増進回収(EOR)等で蓄積された技術をCO2圧入・貯留に応用できる最も実用的な技術です。

効果

CO2の排出量を大幅に削減可能となります。

展開可能国

  • 日本
  • 東南アジア
  • 中央、南アジア
  • 中国、東アジア
  • 欧米
  • アセアン諸国

    インドネシア,カンボジア,シンガポール,タイ,フィリピン,ブルネイ,ベトナム,マレーシア,ミャンマー,ラオス

導入事例

日本での実証試験段階

この技術が貢献するSDGs

  • 13. 気候変動に具体的な対策を

CO2地中貯留技術