環境インフラ海外展開プラットフォーム(JPRSI)

技術リスト(JPRSI)

温暖化対策 省エネ技術・エネルギー有効利用技術 コージェネレーション

技術概要

世界最高水準の発電効率と優れた環境性能・信頼性を誇るガスエンジンを使用します。
発電設備を導入することにより,安定した電力を自給しながら,CO2を削減できます。

目的

高効率・高信頼性ガスエンジンによる発電で,電力を安定的に自給しつつCO2発生量を削減します。

特徴

・世界最高水準の効率 (6MW級エンジンで,効率49.9%) :外部からの買電に比べて高効率且つ高信頼性の電力自給を実現します。
・急速起動:起動開始から定格到達まで5分以内での急速起動が可能です。

効果

・分散電源 (小規模発電所や工業団地内発電所など)や工場への自家発電所として導入することにより,低コストでの電力自給が可能です。
・信頼性の高い自家発電設備を導入することにより,停電のリスクも抑えられ,工場の安定操業に大きく貢献します。
・JCMを利用することで,日本および相手国のCO2削減にも貢献します。

展開可能国

  • 制限なし

導入事例

AGシリーズ(22AG/28AGS):140台
(近年の実績としては,バングラデシュとミャンマーに計8台の受注あり)

この技術が貢献するSDGs

  • 7. エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 8. 働きがいも経済成長も
  • 9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 13. 気候変動に具体的な対策を
  • 17. パートナーシップで目標を達成しよう

高効率・高信頼性のガスエンジン