環境インフラ海外展開プラットフォーム(JPRSI)

技術リスト(JPRSI)

その他 サービス 国際貢献

技術概要

1. SDGsに貢献する優れた製品、技術、ノウハウを持つ民間企業のパートナーとしての海外進出支援
2. 政府開発援助(ODA)における被援助国の代理人としての資機材・施設建設役務調達のための資金・契約・プロジェクト管理

目的

-

特徴

JICSは30年以上に亘り、世界150カ国で機材供与・施設建設等のODA関連業務、コンサルティング業務を手掛けています。これらの事業を通じて構築した外務省や開発途上国行政機関との幅広いネットワーク、プロジェクト管理、貿易実務能力、英・仏・西語での対外交渉や公文書作成能力、各国に関する豊富な知見等を活用し、企業の皆様の海外展開を支援することを目的とした「J・Partner」サービスを立ち上げました。J・Partnerでは次のような支援内容を実施しています。
1.相談・コンサルティング
2.現地情報収集調査
3.事業化可能性調査(F/S)
4.事業化支援
各国にローカルスタッフも配置しており、遠隔での現地情報収集調査も可能です(ミャンマー、インドネシア、フィリピン、ラオス、モンゴル、バングラデシュ、パキスタン、アフガニスタン、ヨルダン、マダガスカル、セネガル、ジブチ、ブルキナファソ、ギニア、コンゴ民、マリ、ペルー)。

効果

参考資料

展開可能国

  • 東南アジア
  • 中央、南アジア
  • 中国、東アジア
  • 中東
  • アフリカ
  • 中南米

導入事例

【JICA等公的支援スキームを活用した海外進出支援】
1.JETRO日ASEAN新産業創出実証事業(フィリピン)
2.JICA中小企業・SDGsビジネス支援事業~案件化調査~(ミャンマー・セネガル)
3.JICA中小企業海外展開支援事業~案件化調査~(ベトナム・メキシコ・タイ・ジョージア・ブラジル)*
4.JICA中小企業海外展開支援事業~普及・実証事業~(ペルー)*
5.JICA中小企業連携促進基礎調査(ペルー)*
6.JICA民間技術普及促進事業(ザンビア)
7.JICA中小企業海外展開支援事業に係る事後モニタリング調査業務(複数国)
8.政府開発援助海外経済協力事業委託費による案件化調査(ベトナム)*
*環境技術関連分野案件。
【政府開発援助(ODA)における豊富な環境分野におけるプロジェクトを実施】
ベトナム、インドネシア、バングラデシュ、ヨルダン、モロッコ等51箇国において、太陽光発電関連機材や気象観測機材、森林調査用機材、気象観測レーダー整備等の68案件の環境分野の政府開発援助(ODA)プロジェクトに従事(520億円規模)。
【アジア・アフリカ・中南米等の大半の開発途上国においてプロジェクトを実施】
設立から30年間で約1500件以上、約8900億円規模の政府開発援助(ODA)プロジェクトに従事(主に、アジア、東南アジア、中央アジア、南アジア、中東、アフリカ、中南米)。

この技術が貢献するSDGs

  • 2. 飢餓をゼロ
  • 3. すべての人に健康と福祉を
  • 7. エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 11. 住み続けられるまちづくりを
  • 12. つくる責任 つかう責任

国際協力事業における支援業務