環境インフラ海外展開プラットフォーム(JPRSI)

技術リスト(JPRSI)

温暖化対策 バイオマス利用技術 バイオ燃料

技術概要

株式会社トロムソは広島の造船産業技術を保有している会社です。 籾殻固形燃料製造装置(グラインドミル)は、未活用のもみ殻を使用し、「モミガライト」と呼ばれる棒状の籾殻固形燃料を生産し、廃棄物処理、森林保全を促進します。

目的

籾殻を固形燃料や農業資材へ変換し、付加価値を生み出します。

特徴

製造される籾殻固形燃料はバインダー等を使用することなく圧力と熱によって、籾殻100%を原料にして固形化しているため、燃焼時に有害物質であるNOx/SOxが発生することはありません。籾殻固形燃料の発熱量は3,970kcal/kg(約16,621,600J/kg)となっており、一般に販売されている薪は約4,000kcal/kg(約16,747,200J/kg)とほぼ同等です。日本では温泉施設の水の加温、屋内暖房、ビニールハウスの暖房、バーベキュー燃料などに使用され、海外では、家庭の日常的な燃料、故業容ボイラーなどに使用されています。置運転のための専門知識は不要で、当社のトレーニング(約1日)を受ければ誰でも運転できます。

効果

原料の籾殻は、稲が成長する過程で大気中の二酸化炭素を吸収しているため、籾殻固形燃料を燃焼させた際に発生する二酸化炭素と差し引きゼロになる「カーボンニュートラル」な燃料を製造します(製造時の使用エネルギーを除く)。

参考資料

展開可能国

  • 制限なし

導入事例

日本 118台 ナイジェリア 8台 タンザニア 9台 マダガスカル 3台 セネガル 2台 ベトナム 2台 中国 1台

この技術が貢献するSDGs

  • 6. 安全な水とトイレを世界中に
  • 7. エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 8. 働きがいも経済成長も
  • 9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 13. 気候変動に具体的な対策を

籾殻固形燃料製造装置