環境インフラ海外展開プラットフォーム(JPRSI)

技術リスト(JPRSI)

温暖化対策 バイオマス利用技術 バイオ燃料

技術概要

廃食用油や廃プラスチックなどを原料に用いて航空機の燃料として使用可能なSAFを製造することで、CO2排出量の削減に貢献する。廃食用油を原料とする場合は、水素化分解することで航空機燃料を得る。廃プラスチックを原料とする場合は、ガス化により合成ガスを製造した後、それらをFT合成することで航空機燃料を得る。

目的

既存の航空機エンジンの燃料をSAFで代替することでCO2の削減に貢献

特徴

水素化、ガス化技術によりさまざまな廃棄物を原料として高いCO2削減効果のあるSAFの製造が可能

効果

廃食用油を原料とした場合のCO2削減効果はおよそ84%

展開可能国

  • 制限なし

この技術が貢献するSDGs

  • 7. エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 12. つくる責任 つかう責任
  • 13. 気候変動に具体的な対策を

廃棄物を原料とするSAF(Sustainable Aviation Fuel)製造技術