環境インフラ海外展開プラットフォーム(JPRSI)

技術リスト(JPRSI)

温暖化対策 省エネ技術・エネルギー有効利用技術 未利用エネルギー

温暖化対策 省エネ技術・エネルギー有効利用技術 その他省エネ技術

技術概要

人工光型植物工場や太陽光利用型植物工場の活用により、外部自然環境に左右されることなく、安定的に高品質な野菜を市場に供給することが可能となる。その際、植物工場ではエネルギー消費量(電灯、温冷熱エネルギー等)の抑制が課題とされており、地域の未利用エネルギーとの組み合わせによる解決を提案する。

目的

地域の未利用エネルギーと組み合わせることで、植物工場で課題とされているエネルギー消費量の抑制に取り組む。

特徴

・熱帯地域では、LNGターミナルから発生する冷熱を利用することで、植物工場の冷房エネルギーを削減できる。
・人工光型植物工場の場合、閉鎖空間の中で完全に光環境を制御できることから、電灯の電力需要を発電側の都合に合わせるディマンドレスポンス運転も可能であり、電力需要の調整弁として期待できる。

効果

・植物工場の消費エネルギーの削減

展開可能国

  • 日本
  • 東南アジア
  • 中央、南アジア
  • 中国、東アジア
  • 中東
  • アフリカ
  • オセアニア
  • 欧米
  • 中南米
  • 制限なし

導入事例

ロシア(JGC Evergreen)
https://www.jgc.com/jp/projects/046.html

この技術が貢献するSDGs

  • 2. 飢餓をゼロ
  • 13. 気候変動に具体的な対策を

エネルギー高度利用型植物工場