環境インフラ海外展開プラットフォーム(JPRSI)

技術リスト(JPRSI)

ごみリサイクル 廃棄物処理・管理 廃棄物処理プロセス

温暖化対策 適応技術 災害対策技術

技術概要

清水建設は、廃棄物中の可燃物・不燃物・異物等の分別再生技術を保有しています。

目的

-

特徴

清水建設の廃棄物分別処理技術は、廃棄物の適正処理及び減容化を可能とし、環境への配慮を実現します。_x000D_
清水建設は、2011年の東日本大震災に伴う津波により発生した津波堆積物の分別処理業務(宮城県)及び福島第一原子力発電所の事故により、環境中に放出された放射性物質を取り除くための除染により発生した放射性廃棄物の分別処理業務(福島県)の実績があります。_x000D_
これまでの業務を通じて得た分別処理技術のノウハウは、埋設産業廃棄物の分別・減容化に展開が可能です。_x000D_
分別された廃棄物は、リサイクルや熱エネルギー源として利用されます。

効果

-

参考資料

展開可能国

  • 日本
  • 東南アジア
  • 中国、東アジア
  • アセアン諸国

    インドネシア,ベトナム

導入事例

日本 東日本大震災により発生した津波堆積物の分別処理業務(宮城県)及び福島第一原子力発電所の事故において、除染により発生した放射性廃棄物の分別処理業務(福島県)

この技術が貢献するSDGs

  • 6. 安全な水とトイレを世界中に
  • 7. エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 11. 住み続けられるまちづくりを
  • 15. 陸の豊かさも守ろう

埋設廃棄物の分別処理技術