環境インフラ海外展開プラットフォーム(JPRSI)

技術リスト(JPRSI)

温暖化対策 適応技術 災害対策技術

技術概要

大雨や短時間強雨発生頻度や降雨量等が増大することによる、災害(氾濫や土砂崩れなど)が発生することを防止または減らすための調査と対策工事を実施します。

目的

高品質で高効率、現地に適した機械と技術の導入で、大雨や短時間強雨発生頻度や降雨量等が増大することによる、大規模災害(氾濫や土砂崩れなど)が発生することを防止します。

特徴

サムシングは、日本はもちろんベトナム(メコンデルタ)・カンボジアでの調査・施工実績が多く、小型機械の導入、地盤の可視化機能や施工管理・品質管理体制によって、現地に適した高品質で高効率、費用を抑えた調査・施工が可能です。

効果

・工期短縮
・狭小地での施工が可能
・高品質

参考資料

展開可能国

  • 日本
  • 東南アジア
  • アセアン諸国

    インドネシア,カンボジア,シンガポール,タイ,フィリピン,ブルネイ,ベトナム,マレーシア,ミャンマー,ラオス

導入事例

海外実績:ベトナム南部のメコンデルタ各地・カンボジア

この技術が貢献するSDGs

  • 3. すべての人に健康と福祉を
  • 8. 働きがいも経済成長も
  • 9. 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 11. 住み続けられるまちづくりを
  • 12. つくる責任 つかう責任

河川災害の防災・減災のための調査・対策工事