環境インフラ海外展開プラットフォーム(JPRSI)

オンラインパビリオン

カーボンニュートラル実現に向けた水素エネルギー分野に貢献する水素ガス測定装置

温暖化対策 水素技術 水素供給・利活用技術

水素を燃焼する力でエンジン(内燃機関)を動かす「水素エンジン」や「水素タービン」が自動車、船舶、発電の分野で日本、米国、欧州を中心に注目を集めています。CO2が発生しないよう水素とも100%で燃焼させる「専焼」、従来燃料の化石燃料と混ぜて燃焼させる「混焼」は、CO2の排出量の削減に貢献すると期待されています。…

CO2の回収・利活用

温暖化対策 CO2の分離・回収・利用・貯留(CCUS) CO2分離・回収・貯留(CCS)

現在「CCUS(Carbon dioxide Capture, Utilization and Storage)」と呼ばれる CO2回収・有効利用・貯留を中心としたエネルギーマネージメント技術の開発が進んでいます。廃棄プラスチックのケミカル/サーマルリサイクル技術の開発など、新たな取り組みを通じてエネルギーの見える化や最適化が行われ、社会として「カーボン…

燃料電池車の開発をささえるHORIBAのソリューション

温暖化対策 水素技術 燃料電池

温暖化対策 エコモビリティ 電気自動車(EV)

次世代電池として期待が高い燃料電池自動車(FCV)と電池自動車(EV)。これらにはより効率的に、より安定的に、より低コストで利用できるようにすることが求められ、開発工数が増加しシステムは複雑化しています。HORIBAでは、セルからスタックまでの電池材料の研究開発に関わる発電中の電気化学的な測定、流量制御試験、各…

煙道排ガスモニタリングシステム(CEMS:Continuous Emission Monitoring System)

ごみリサイクル 廃棄物処理・管理 廃棄物処理プロセス

温暖化対策 バイオマス利用技術 バイオ燃料

大気 排ガス処理技術 排煙脱硫技術

CEMSは、工場や発電施設から排出されるガスを連続監視し、それを中央で監視するシステムも含めたパッケージ提案です。
その中の代表的な煙道排ガス分析装置(ENDAシリーズ)は、測定誤差が許されない難しい排ガス測定において、確実な性能を発揮する連続測定が可能な分析装置です。

大気モニタリングシステム(AQMS:Air Quality Monitoring System)

大気 排ガス処理技術 自動車排出ガス対策

大気モニタリングシステム(AQMS)は、気象パラメータ、大気汚染物質および粒子状物質の濃度を年間を通じて継続的に測定することができます。

水質モニタリングシステム(WQMS: Water Quality Monitoring System)

水・土壌 水質改善・水質管理技術 水質監視(管理)

水・土壌 土壌・地下水汚染対策 土壌・地下水汚染対策

水・土壌 水質改善・水質管理技術 上下水道

WQMSは、浄水場や工場排水の水質管理に必要な各種計測機器と、それらの敷設・運用・メンテナンスまでのトータルなサポートをシステムとして提案しています。
その中の代表的な現場形工業用水質計(H-1シリーズ)は、水質の総合的な計測・管理のために必要な測定項目をトータルにラインアップした現場設置形の水質計…

ラマン分光装置(XploRA PLUS)

ごみリサイクル 廃棄物処理・管理 廃棄物監視(管理)

ごみリサイクル 3R (リデュース・リユース・リサイクル) 廃プラリサイクル技術

その他 ハード・技術 環境分析技術

XploRA PLUSは、研究室や実験室に適した画像解析や構造解析ができる機能を搭載しています。